小伝馬町で焼肉を食べるときは無煙ロースターのあるお店で

小伝馬町の焼肉店は、店内の空気がクリーンです。このクリーンな空気は、無煙ロースターを使用しているためです。無煙ロースターというのは、肉を焼いても独特のにおいが広がらずに、空気がきれいな状態を維持できるもの。テーブルに埋め込んであるロースターからは煙が上にあがることはなく、テーブルの下の部分から排出させたり、配管を下まで伸ばし、複数の配管をひとつに集約させたりしているタイプがあります。このロースターの登場によって、これまで焼肉を食べにいくことは遠慮していた層もお店にいきやすくなりました。近年では家庭用の無煙ロースターも登場しています。



においを気にして食べたいものを諦めることもなくなったので、小伝馬町の焼肉店はお客様に好評です。もともとおいしい牛肉を使っていたこともあり、この流れは当然でしょう。その結果、デートや接待などでも利用されることが増えました。今では食事をする場所というだけではなく、飲みにいく場所、さまざまな肉料理を提供してくれる場所となりつつあります。



最近では、ひとり焼肉ができるような店もでき、焼肉といってもその方向性はさまざまです。利用する側の好みや状況に応じて店が選べるようになっています。